通学時は簡単に使える防犯グッズがオススメ

通学 防犯

お子さんの通学時の防犯対策はどうしていますか。昨今小さな子供を狙った犯罪が増えてきており、子供だけで行動する通学時は狙われやすいです。地域によって通学班に分かれてある程度の人数でまとまって行動するといった対策をとっているところも多く、有効な防犯対策といえます。しかし、土地柄どうしても1人で行動しなければならないところもあり、心配な親御さんも多くいることでしょう。もっとも手軽な防犯対策としておすすめなのは「防犯ブザー」です。もしもの時に大きな音で知らせることができるもので、電気屋さんやホームセンターなど、手に入れやすいのも魅力です。ただ、とっさにブザーを鳴らすことができるかといった問題も避けられず、心配はつきません。防犯ブザーは鳴らしたらすぐに遠くに投げ、その場から逃げるのが正しい使い方です。いざという時に役立てられるよう、普段から家族でよく練習、話し合いをしておくことも大切です。

通学時におすすめ防犯グッズの有効な使い方

防犯グッズの代表格である防犯ブザーを子供が有効に使うことができるよう、使い方について理解させることが重要です。すぐに音を鳴らせるようにしておくことはもちろん、投げつけて不審者からできるだけ逃げるということもしっかり教えておきたいものです。音はできるだけ大きな95dB以上のものを選び、間違って作動してしまっても子供だけで音を止められる仕様のものを選んでおくとよいでしょう。また、GPS機能を使って子供の居場所を特定できる機能の子供用携帯電話などもあります。防犯ブザーとセットになっており、もちろん電話としての機能もあるので要チェックです。GPS機能は帰りが遅くて心配な時などに居場所を特定できるなど役立ちます。通学時だけでなく、塾の行きかえりや外遊びの際にも便利です。便利な反面、電池切れには気を付けたいものです。

まだまだある、通学などに使える防犯グッズいろいろ

通学時の防犯対策グッズとはいえ、携帯電話は学校への持ち込みが禁止されているという学校も少なくありません。そういった場合に使えるのがGPS機能のみの端末で、もしもの場合にセキュリティへ会社への通報ができ、現場に急行してもらえるといったものもあります。機能がシンプルなので、電話を上手に扱えない低学年の子にも安心です。月額料金などがかかるものの、もしもの場合であっても親がすぐに現場に向かえないといった場合にも有効に活用できます。端末も小さく、持ち運びの負担もないのでおすすめです。いろいろな防犯グッズがありますが、何より大切なのは危ない場所、人に近づかないことです。子供のうちから怪しい人、危ない場所の分別がつくような教育も必要です。親子でよく話し合い、もしもの時に駆け込める子ども110番の家なども一緒に確認しておくとよいでしょう。