お子様の通学時の防犯対策グッズ紹介

通学  防犯

お子様も成長するに従って、行動範囲も広くなり親の目がだんだんと行き届かなくなっていくものです。いつもそばについておられたお母様も子供が小学校へと入学する頃には、やっと肩の荷がおりる思いでいらっしゃることでしょう。ついこないだまでの保育園や幼稚園などで保護者がお迎えをしていたお子様が、学校の入学と同時にひとりで通学ができるようになって嬉しい反面、今度は防犯への心配をされている保護者の方も、同時に多くいらっしゃいます。学校によっては、通学路の当番制の見回りを実施したり、近所の子供達は集団登校を実施したりと、いろいろな取り組みもされているようですが、やはりそれだけでは十分とは言い切れない世の中でもあります。そこでお子様が通学をする年齢になったら、親子でしっかりと防犯に備える対策をしておくことが大切になってもきます。

通学の防犯にはグッズを活用すると良い

お子様の通学路においての防犯を考える時に、よく利用されているグッズなどをご家庭でも導入してみるのは良い方法です。いろいろなメーカーから販売されていますが、デザインやかわいさよりも、緊急時に実際に威力を発揮してくれる防犯グッズをお子様と一緒に選ぶことが必要です。一般的なものとしては、グッズに付随したヒモを引いたりボタンなどを押すと、周囲に異変を知らせてくれたり、相手を驚かせるようなけたたましいブザー音が鳴り響くグッズが、昔からの定番としてあります。使い方も簡単ですし、もしもの時にも威力を発揮してくれるので、いつの時代にも人気のある防犯グッズとしてはお勧めです。手に馴染みやすいサイズで、壊れにくい丈夫な物を選び、ご家庭でもお子様に何度か練習をさせて、しっかりと使えるようにしておくことが大切です。

ブザー音や位置情報の取得で通学での防犯対策をする

ブザーを鳴らす防犯グッズは、サイズも小さくて通学の時のカバンに入れたりポケットにも入るものが多いですので、できれば肌身離さず身につけておくように、お子様には言っておきます。普段から携帯しておくことで、もしもの時にはきちんと効果が発揮できて、未然に防いでくれることをよく教えておきます。何より保護者の方も、このようなグッズをひとつでも持たせておくだけで、少しは安心材料となりますので、お子様のいるご家庭では、是非検討をしてみることをお勧めします。他にも、今時はネットを介して、携帯やスマホから位置情報を取得することによって、お子様の所在地がリアルタイムでわかるような防犯システムもあります。このようなグッズをいくつか併用しながら親子でも話し合いを通じて、大切なお子様の安全を見守っていくことが必要です。